ふろめんどくさい

明日仕事か…もう寝なきゃ。まだ風呂入ってない。風呂がめんどくさい。仕事やめたい。

松茸を絶賛する男は好きになれない

どうも、巾着です。

独り身の老後が不安すぎて、こんど不動産投資のセミナー行ってきます。

 

この前、友人が「とりあえず会ってみて!」とゴリ推しする男性とお食事に行ってきたんですよ。

 

「収入もばっちり、年齢的にもばっちり、性格的にもばっちり!非の打ちどころがない男性だからとにかく会ってみて!!!」

と言うんですけど、そんな完璧な男が売れ残ってるはずないだろうが!その完璧さをもってしても補えないほどのものすごい性癖の持ち主とかそういうことなのか!とか思いながらも、せっかくの紹介だし一応婚活中だし会ってみることにしましたよ。

 

友人経由で互いの連絡先を交換し、やりとりが始まる。

紳士な感じで印象は悪くない。

 

男「巾着さんは、何がお好きですか?」

f:id:flomeant:20161019152831j:plain

巾「生ハムが好きですぅ」

f:id:flomeant:20161019152845j:plain

男「お酒は飲まれますか?」

f:id:flomeant:20161019152831j:plain

巾「ワインが好きですぅ」

f:id:flomeant:20161019152845j:plain

男「では、当日は洋食にしましょう!ワインのおいしいお店探しておきますね!」

f:id:flomeant:20161019152831j:plain

巾「ありがとうございますぅ」

f:id:flomeant:20161019152845j:plain

 

 

そして迎えた当日。

連れて行かれたお店は和食屋さんであった。

 

 

 

 

 

なぜ!!!!!!!!!!

ヒアリングした意味!!!!!!!

わたしの口の中はもう生ハムとワイン仕様!!!!!

 

 

テンションだいぶ落ちたものの、お店はそこそこ高級感があり、お料理も期待できそうだったので気持ちを和食へ切り替えることとする。

 

2人でメニューを見ながら何を注文しようかと話していると

 

男「この時期は松茸ですよね。季節の松茸はほんとうにおいしいですよね。あ、松茸ありますよ!松茸いいですね松茸。松茸おいしいなぁ~おいしいよなぁ~。松茸お好きですか?」

 

なんかすごい松茸推してくる・・・・。

f:id:flomeant:20161019161422j:plain

 

わたし、松茸のおいしさって実はそんなにわからない。

松茸の秘めたるおいしさが分かるほど立派な舌、持ち合わせてない。

なんなら舞茸のほうがよっぽど美味しいと思う。

 

でもそんなこと言えないから、松茸食べてないことにしてみた。

 

巾「食べたことないんですぅ」

f:id:flomeant:20161019152845j:plain

 

男「え!!食べたことないんですか!!!食べましょう!!初めての松茸食べましょう!!!!!

 

なんかグイグイくる!こわい!!!

松茸ってそんなに人を狂わせる力あるの?わたしが食べてきた松茸がしょぼかっただけなの???

 

何を頼むよりも先に松茸の土瓶蒸しを頼む彼。

おい!まず先に酒をよこせよ!!

 

きっと松茸ってほんとうはとっても美味しいものなのかもしれない・・・。

今から食べる松茸が、わたしの松茸デビューとなる本当の松茸なのかもしれない・・・!

 

そんなことを考えているうちにやってきた土瓶蒸し。

 

目を爛々とさせてお猪口につゆを注いでゆく彼。

 

男「さ、どうぞ!

興奮して声でけえ・・・。

 

おそるおそる口にしてみる。

 

 

こ、これは・・・・!

f:id:flomeant:20160625132000j:plain

 

ふつうのカツオ出汁の味ーーーーーーー!!!!!!!

 

チラリと隣をうかがうと、恍惚の表情を浮かべてカツオ出汁土瓶蒸しを飲む彼。

 

もう一度飲んでみる。

 

 

 

 こ、これは・・・・!

f:id:flomeant:20160625132000j:plain

 

やっぱりふつうのカツオ出汁の味ーーーーーーー!!!!!!!

 

もう一度チラリと隣をうかがうと、昇天しそうな勢いでカツオ出汁土瓶蒸しを飲む彼。

 

男「ふおおおおおおおお美味しいいいいいい。美味しいでしょう土瓶蒸し美味しいでしょう!さ、ほら、中の松茸も食べてみて!びっくりするから!」

 

そのフリやめて!!松茸のハードルをこれ以上あげないで!!

 

土瓶の中の松茸を震える手を必死におさえながら掴み取り口へ運ぶ。

 

 

 

こ、これは・・・・・!!!

f:id:flomeant:20160625132000j:plain

 

エリンギ!!!!!!!!!!!!!!

 たぶんこれエリンギ!!!!!!!

 

 

帰りたい。もう一気に帰りたい。

 

彼も松茸も別になにも悪くないんだけど、彼と松茸がわたしを追いつめてくる。

 

 

男「どうですか!初めての松茸!巾着さんの初めての松茸の場に同席できたこと、うれしく思います!」

 

 

やめて!!嬉しく思わないで!!!

わたしが口にしたのはカツオ出汁とエリンギです!!!!

 

後日、マツ・タケオからまたお食事の誘いをいただくも丁重にお断りした。

 

わたしはマイ・タケオさんの方が好きです!!!!!

広告を非表示にする